井上堯之の竹内

都営三田線の出会い系ガイド
思いもよらない問題に突き当たるのが引っ越しですが、IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。自分の場合は新築に引っ越したので備え付けの新しいガスコンロを使う流れになりましたが、引っ越し先が新築でなければ引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。注意しなければならないのは、ガスの種類です。転居前のガスコンロが使えないこともあるのでガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、買い換えの計画があれば転居先のガスの種類を確かめてください。引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用は同一内容の引っ越しで比べても時期による変動は必ずあります。年度末や夏、冬の休みはどうしても引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、全国どこでも相場が高くなります。時期が選べれば閑散期に引っ越すようにするといろいろな意味でお得になってきます。その差は倍近くに及ぶこともあり、決して見過ごせません。一番最近の引っ越しは結婚したときですが、宅配便で身近に感じていたヤマトの単身引越しサービスを利用しました。ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しというのは初めてでした。ですから電話では本当に緊張していました。最初から最後まで、それぞれのスタッフの方に対応も作業も終始丁寧に行っていただいたので、安心して全ての作業を任せられました。今度引っ越しするときも、お願いしたいというのが率直な気持ちです。ご自分の車がある方は、引っ越しのとき車も住所変更届が必要になりますが、そうしたらナンバープレートも変わることになるのかちょっと気がかりな問題です。答えはシンプルで、変更されるかどうかは陸運局の管轄地域が問題になってきます。その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければナンバープレートはそのままで良いのですが、異なる陸運局の管轄であれば指示に従ってナンバープレートを変えてください。引っ越しは何度も経験してきました。ガスは事前に止めることもできますが、引っ越し当日にガスを止めることが多かったと思います。何度引っ越ししていても、引っ越しの前には身体を動かしていますし、汗もかいているので引っ越し前日の夜ともなれば温かいお風呂をゆっくり味わい翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。それに、当日になっても温かいものを飲むとふと緊張が解けることがあります。何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。十分な大きさと量のダンボールを揃え、使わないものをまず梱包します。引っ越すときまで使うものが紛れないようにしておき、大体の用途で分けた上で詰めれば大丈夫です。ダンボールの表面に何が入っているか書いておけば荷物を開くときに役立ちます。電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きももれがないよう早めに進めてください。引っ越しに向けて冷蔵庫の準備の仕方がわからず、当日慌てる羽目になることもあるようです。準備のためには、前日までに庫内にものがないようにして、スイッチも全て切って一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけば準備は完璧です。庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、常温で保管できるものを買うように配慮し、冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。今、来月の引っ越しのために準備していますが、引っ越し先までピアノを持っていくか持っていかないで処分してしまうかを考えています。ピアノを使わない予定なので新居に持っていくにもお金がかかります。そうかといって、処分するだけでも無料では済まないだろうし、一体どうしたら良いのでしょうか。誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、引き取り手はそうそう現れません。いよいよ明日は引っ越し、という日には、引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。引っ越し業者の人が何時に来て、何時に作業を終わらせて荷物を運び出さなければならないかという確認をします。荷物は運び出しやすいところまで移動しておき、引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として飲み物を用意しておくことを忘れないでください。搬入が終わったら、飲み物を出すことで夏だと、とても感謝されます。新築の家が完成したのが数年前です。引っ越ししたときに、何といっても、デスクトップパソコンの移動に気を遣っていました。なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、中身に全く問題なく運ばれました。外側も傷一つありませんでした。社会人になったばかりの頃は仲の良い友達と住んでいた時期がありました。ペット不可のアパートが圧倒的に多く猫と一緒に住みたい友達は条件に合う物件を探すのに苦労しました。二人で不動産屋に相談し、ペット可の物件を探し当てました。即入居できたので、引っ越しして猫のためにも本当に良かったです。一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートではどんな人が隣に住んでいるのか、それさえわからないということがおかしいと思わなくなっています。そんなご時世であっても、会えば挨拶して、大変なことがあったときに助けを求められるような関係は必要だと言えます。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは転入したらできるだけ早く、おみやげを持ってお隣に伺うことは、当たり前ですが大切です。家移りするということは、生活の様々な点で変化が起こりどうしてもお金がかかるものです。引っ越し作業については予算の削減を図っていきたいですよね。まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。割引サービスがある場合、その条件として人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際に閑散期料金になるシステムが大半なので、割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。一番良いのは実際に業者に見てもらうことですが、それはちょっとできない、という場合は荷物がどのくらいになりそうか、電話で伝えれば大体いくらぐらいになるかわかります。他社との比較をすることで安くしてくれる業者もいるためどうにか時間を作って複数の業者の見積もりをとる方が得なのです。転居に必要な手続きの一つは、インターネット回線のプロバイダーへの連絡です。引っ越し先の状況によって対応も違ってきますが、引っ越しを終えて、いろいろ連絡を取ろうと思ったところで、インターネットが使えなくて青ざめる、という話は時々聞きます。人の移動が多いときには数週間待たないと工事ができないということもありますので、少なくともプロバイダーへの連絡は、早急に行ってください。専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によってかなり異なってきます。学校や職場が変わり、引っ越す人も増える春先は業者が見積もる値段も高めになります。同じく、土日、祝日なども割引はきかないことがほとんどです。では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。情報はいくらでも手に入ります。引っ越しの総合案内サイトもありますので業者からの見積もりを無料で出してもらうことができます。業者のサービスを十分比較して、費用を少しでも抑えていくべきです。あらゆる引っ越しに関わってくる手続きに、役所に転出届と転入届を出すことが挙げられます。転出届が先で、転出する市区町村の役所で手続きをしてもらってきます。それから転入する市区町村の役所に行き、転入届を出さなくてはなりません。言うまでもなく、転出届とセットでないと転入届の提出もできないことに要注意です。この届が他の手続きの元になるので引っ越ししたら、すぐに手続きを終わらせた方が良いです。多くの方は、引っ越しを契機として日常生活の細々したことを改めて考え直すものですが、日頃見落とされがちなNHK受信料についても検討しなければならないでしょう。最近では、引っ越し先にテレビがないケースもあるでしょう。どう考えても受信料を払う必要はありません。まず、引き落としされていれば中断して、NHKに解約を申し出る手続きを思い切って実行しましょう。収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を過ごしている方にとっては、引っ越しの最大の障壁は荷造りを完了することでしょう。ものが多すぎて整理しきれず、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすればもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、いいきっかけになったと割り切って捨てることを楽しめれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。荷造りだけとっても、普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。荷物移動の際には、言うまでもなく指詰めの危険性を考えないといけません。安い軍手を選べば良いのではなく、手指のサイズに合っていることと、滑り止めがついていることを意識して軍手を買わなくてはなりません。作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。世帯の大小に関わりなく引っ越しでダンボールを使うことになり、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、無料でダンボールを分けてもらえます。ただし、サイズはばらばらです。荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、サイズが一定していない場合は計画的に積んでいく必要があります。転居するのが好き、という方でなければ、引っ越しは生活の中でも大事なイベントの一つかもしれませんが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることも想定しておいた方が良いです。引っ越し当日はみんな忙しいのに、仕事が重なってしまったときに予期せぬトラブルが起きてしまうと、予定が大きく狂ってしまい、引っ越しが上手くいかないことも考えられます。当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。引っ越しの理由は進学や就職ですが、荷作りにはいつも時間がかかります。そんな経験からわかったことは、単身世帯が引っ越すのなら値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば問題なく荷物を運べるのです。スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、荷物の頑丈さが違ってきます。途中で荷物が壊れないようにするためにも、必ず使うようにしてください。引っ越しの荷作りをしているときにクローゼットの中を全部開けてみたのですが、新居に持っていく気にならないものばかりで仕分けが大変でした。服をみると持っていたことを忘れるくらい長くしまっていたものがありました。引っ越しが良い機会になって今までためこんでいたものを捨てられて、荷物も私の心も余計なものがそぎ落とされました。引っ越しで、一人暮らしの場合、ベッドの移動は悩みの種です。ワンルームに引っ越すとすると、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも転居先のドアからベッドの搬入ができないという大変な話もあるようです。引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を思い切って試してみるといいかもしれません。この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、引っかかったことがありました。当然のように、液晶テレビの運搬では個別の保険をかけないと運べないそうです。引っ越しの荷物として40型の液晶テレビがあったため、購入時に30万円以上したものは、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのかずっと疑問に感じています。引っ越しを業者に依頼する場合、誰が、どこへいつ引っ越すかが決まった後に、いくらぐらいかかるかなどを決めるため、業者に見積もりを出してもらい業者との間で諸条件に折り合いをつけられれば、今後の作業を正式に依頼します。どこまで荷造りを依頼するかは主に費用面の問題になりますがご自身で荷造りすることになれば普通は、梱包材を業者からもらえるので、それを使って準備します。引っ越し当日は、作業の流れについて業者に任せておけばスムーズに進みます。引っ越しを一度でも経験すれば必ず行ってきたことですが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。自分の引っ越しでも経験してきたことですが、解約はそんなに難しいわけではありません。ただし、万が一、解約を忘れると、転居後のガス代も請求される羽目になりますので確実に終わらせてください。その際、転居後も月末まで自分が支払うルールになっています。大がかりな引っ越しをするときには、なんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、一日がかりの作業を覚悟しなければならないので、あらかじめ終わらせておけることがあれば済ませておけば安心できます。引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことを最優先事項ですが、当日使うことが予想される荷物は、他のものに紛れないように、すぐ使えるようにしておくと楽です。引っ越しの準備はいろいろありますが、全ての手続きの元になるのが市区町村役場への、転出届の提出です。これは、今住んでいる市区町村で手続きします。役所窓口で手続きするのが一番簡単ですが、郵送でも手続きできます。それから、窓口が開いている時間に役所に行って手続きできなければ、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことが多くの自治体で可能になっています。